メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

サンプルリターンミッションが探査の主軸に、太陽系解明へ大きな意義

小惑星の探査に挑むはやぶさ2とオシリス・レックスのミッションマークをそれぞれ持つ橘省吾・北海道大准教授(右)とハロルド・コノリー米ニューヨーク市立大教授=札幌市の北海道大で永山悦子撮影

粒子分析に携わる橘省吾・北海道大准教授ロングインタビュー

 小惑星探査機「はやぶさ2」が目的地の小惑星1999JU3で採取を目指す物質から、どんなことが分かるのだろうか。橘省吾・北海道大准教授(42)=宇宙化学=は、はやぶさ2では物質採取装置(サンプラーホーン)の開発や回収粒子の分析などに携わる。米国の小惑星探査機「オシリス・レックス」チームとの共同研究も進める橘准教授に、小惑星の物質分析の醍醐味(だいごみ)を聞いた。【聞き手・永山悦子】

 −−小惑星イトカワの試料分析では、どんなことが分かったのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り5413文字(全文5668文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 日本橋 百貨店、新館・改装続々 外国人接客きめ細かく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです