メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民泊ビジネス

「想定外の事態」に変革迫られる日本社会 国内業者参入できず

外国人延べ宿泊者数(上)と全国の空き家率(下)

 急増する訪日外国人が、個人の部屋を旅行者に提供する「民泊」という、旅のスタイルを一変させるサービスを生み出した。だが、政府は「お金を取って人を泊めるには旅館業の許可が必要」(厚生労働省)とのスタンスを崩していない。ホテルでは部屋が不足し、市街地では「爆買い」の影響で駐停車の車があふれる混乱が発生。「観光立国」を目指す途上で見えてきた想定外の事態によって日本社会も変革を迫られている。【三沢耕平】

 「なぜ、Airbnb(エアビーアンドビー)がOKで我々がいけないのか」。昨年5月、長野県内の別荘を…

この記事は有料記事です。

残り1036文字(全文1285文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 敷きっぱなしの布団に雑魚寝 同じ皿を回し食事 結核発症の実習生
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 蒼井優さんが追突事故
  5. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです