メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

阿武 秀子・評『中野京子と読み解く 名画の謎 対決篇』中野京子・著

目に見えるもの以上の何かを感じとってこその名画

◆『中野京子と読み解く 名画の謎 対決篇』中野京子・著(文藝春秋/税抜き1650円)

  私たちはふだん見たいものや見るべきものだけを見て、必要な情報を取り出して認識している。選(え)り分けは、ほとんど意識されずに瞬時に行われる。例えば机の上に置かれているものをすべて気にしていたら、おそらく仕事も勉強もはかどらないだろう。

 一方で、旅に出て知らない土地を訪れたようなときには感覚が鋭敏に働く。意識する以前にすでに五感が新し…

この記事は有料記事です。

残り888文字(全文1122文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  4. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]