メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鴻池委員長「これは『強行採決』ではない」 

参院平和安全法制特別委員会の委員会室で鴻池祥肇委員長(左端)を取り囲み抗議する野党議員ら。鴻池委員長の右隣は自民党の佐藤正久参院議員=国会内で2015年9月17日午前8時50分、小出洋平撮影

 安全保障関連法案は17日夕、参院平和安全法制特別委員会で可決された。可決後の鴻池祥肇委員長と記者団の主な一問一答は以下の通り。【石戸諭/デジタル報道センター】

 −−委員長としての受け止めは。

 鴻池委員長 ああいった形で委員会可決は不本意だったが、審議はほぼ尽くされたと感じた。いつまでも、話ばかりはよくない。参議院としての態度、結論を出さないといけない時期だと私が判断した。賛否あるが、政治家たるもの、日本の安全と防衛をどうするかという使命感は皆持っている。議論を尽くして、この法案に参院の意思をあらわさないと。時期としては良い時期だと思ったので、採決に至った。

 もう一つは「60日ルール」がある。参院の審議がもたついていると、衆院の方で判断して採決ができる。(参院は)衆院の下部組織であってはならない。独自の政策や結論を出していく必要がある。それも含めて、今日の採決に至った。

 −−野党から委員長不信任動議も出た。

 鴻池委員長 不信任動議の討論の中身を拝聴していた。心に染み渡るような、とてもうれしくありがたい。腹の立つ話はなく、私への信頼を野党の皆さんに持っていただいてきたな。保守の政治家だが、政治家冥利に尽きるという思いだ。

 −−これは「強行採決」か。

 鴻池委員長 これは強行ではないと思う。参院にある10党のうち5党が賛成し採決した。自公だけなら、強行になる。3党(元気、次世代、改革)が野党として賛成に回ってくれた。評価するし、感謝している。

 −−政府、与党の姿勢について苦言を呈していたが。

 鴻池委員長 つらい質問ですね。政策や法案について、末端まで知っているわけではないが、真ん中に座っていて、時には野党寄りと非難された。どうしても不備な答弁が目立ったような気がする。今後は外交・防衛委員会などで謙虚に耳を傾けてほしい。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山・加計学園 獣医学部新設手続き「早く」 首相補佐官、前次官に要求 昨秋
  2. ORICON NEWS 笑福亭仁鶴『生活笑百科』32年目で初欠席 補佐の桂南光が「室長代理」
  3. 加計学園 首相補佐官が前次官に要請 新設手続き「早く」
  4. 法科大学院 志願者、6年連続減 今年は延べ5613人
  5. アスペルガー症候群 15歳、ぼくにしかできないことを

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]