メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナイル.com

(65)ダマスカスから見た難民問題

 欧州へ逃れる途中にエーゲ海で水死したシリア難民の子供の写真は、アサド政権のお膝元である首都ダマスカスでも波紋を広げた。政府は不法越境の危険性に警鐘を鳴らした。だが、市民の間では、内戦の長期化や公共サービスの低下に絶望し、国外移住を望む声が絶えない。

 ダマスカスのバラミカ地区では今夏、気温40度に迫る猛暑の中、パスポートを発行する政府庁舎の前に連日長蛇の列ができた。「国外脱出」を目指す人々にとって、パスポートは欠かせない。生命の危険を冒してでも、「マシな生活が送りたい」というはかない希望を抱いている。

 「息子を欧州に行かせるため、宝飾品を全て売りました。シリアには今、若者の未来がありませんから」。あ…

この記事は有料記事です。

残り756文字(全文1059文字)

フアード・アリ

1980年生まれ、ダマスカス在住。ティシュリーン大学(シリア西部ラタキア県)で英文学を学び、卒業後はシリア国営テレビなどで勤務。日本の印象は「平和と教育で優れた国」。シリアで毎日新聞の取材をサポートしている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. 「浴槽放置でゲームの時間でき好都合」乳児死亡容疑の父
  3. 「100円で150円カフェラテ」62歳男性を不起訴処分 福岡
  4. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分
  5. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです