メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国内外に情報発信する協議会設立 首長が忍者装束で集合

「日本忍者協議会」設立発表会に出席した首長ら=2015年10月9日、村田由紀子撮影

 忍者に関する情報収集や発信で、地域経済の活性化を図る「日本忍者協議会」が発足した。東京都内で9日に開かれた発足発表会には、発起人となった伊賀(三重県伊賀市)や甲賀(滋賀県甲賀市)など、忍者に関連した自治体の首長が出席した。また、応援団に就任した歌舞伎俳優の市川海老蔵さんも駆けつけ、エールを送った。

     忍者を日本の文化資産と位置づけてブランディング化し、国内外の観光客を誘客するための情報収集と発信をしていく。歴史の検証なども行い、2020年の東京五輪を見据えたクールジャパンの観光振興と文化振興、そして地域の経済活性化などを図るのが目的という。

     同協議会の初代会長を務める鈴木英敬・三重県知事は「オールジャパンで忍者を発信する態勢を整えたい、と協議会を設立した。10の地方自治体と一つの民間団体からスタートし、全国の忍者関係者を吸い寄せて、地域に根ざした態勢をつくっていきたい」と話した。具体的にはホームページや広域観光マップを作製したり、2月22日を「忍者の日」としてイベントも展開していく。鈴木会長はまた「(来年の)伊勢志摩サミットでも、プレスツアーなどで積極的に紹介していきたい。いままで、バラバラでやってきたものをまとめて、大きな忍者ブームにしたい」と語っていた。【村田由紀子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 麻生財務相 離党届の豊田氏「あれ女性です」 派閥会合で
    2. 自民 「死ねば…」の暴言も 豊田真由子衆院議員が離党届
    3. 自民 豊田議員、園遊会でもトラブル 母親入場させようと
    4. ネット音声公開 豊田議員?「私の心をたたいている…」
    5. 自民 「逆風が暴風雨に」…豊田議員離党届で迅速な幕引き

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]