メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

いざ「竜宮」へ 惑星科学の「玉手箱」を開こう=JAXA名称決定会見詳報

「Ryugu」と決まりパネルで紹介する(右から)高柳雄一・名称案選考委員長、津田雄一・はやぶさ2プロジェクトマネジャー、吉川真・はやぶさ2ミッションマネジャー=2015年10月5日、永山悦子撮影

 小惑星探査機はやぶさ2が目指す小惑星1999JU3の名前が、「Ryugu(リュウグウ)」に決まった。浦島太郎の昔話に出てくる「竜宮城」にちなんだ名前だ。国内外から集まった7336件から選ばれた。浦島太郎の「玉手箱」にならって、小惑星の物質が入ったカプセルの地球帰還を目指すことになる。記者会見が5日開かれ、津田雄一・はやぶさ2プロジェクトマネジャー、吉川真・はやぶさ2ミッションマネジャー、高柳雄一・名称案選考委員長(多摩六都科学館長)が経緯を説明した。【永山悦子】

この記事は有料記事です。

残り5074文字(全文5308文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  4. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  5. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです