メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

報道の裏のウラ

社交ダンスとの深いつながり

選手権大会(ラテン部門予選)で華麗なダンスを披露する選手たち=2015年9月20日

 少し前のことですが、シルバーウイークさなかの先月20日、社交ダンスの国際競技会「インペリアルハイネス・プリンスミカサアワード」の「アジア太平洋ラテンアメリカン選手権・第15回ギャラクシーマスターズ選手権」を見学しました。

 大会の主催者から、「観戦チケットを読者にプレゼントしたい」とのお話があり、「くらしナビ面」で掲載したことがきっかけで招待されました。

 毎日新聞と社交ダンスには深いつながりがあります。

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1249文字)

山科武司

1987年4月入社。宇都宮支局を経て社会部で司法などを担当。欧州総局(ロンドン)、外信部デスク、政治部デスク、ニューヨーク支局長、北海道報道部長を経て2015年4月から現職。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです