メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

報道の裏のウラ

社交ダンスとの深いつながり

選手権大会(ラテン部門予選)で華麗なダンスを披露する選手たち=2015年9月20日

 少し前のことですが、シルバーウイークさなかの先月20日、社交ダンスの国際競技会「インペリアルハイネス・プリンスミカサアワード」の「アジア太平洋ラテンアメリカン選手権・第15回ギャラクシーマスターズ選手権」を見学しました。

 大会の主催者から、「観戦チケットを読者にプレゼントしたい」とのお話があり、「くらしナビ面」で掲載したことがきっかけで招待されました。

 毎日新聞と社交ダンスには深いつながりがあります。

山科武司

1987年4月入社。宇都宮支局を経て社会部で司法などを担当。欧州総局(ロンドン)、外信部デスク、政治部デスク、ニューヨーク支局長、北海道報道部長を経て2015年4月から現職。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用
  3. 錦織が棄権、第1セット落とし第2セット途中で またジョコの壁 全豪テニス
  4. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  5. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです