メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漂う民〜同時進行ルポ

国境の町へ 「連帯示す」デモに遭遇(11月15日・シェンティル)

「難民の皆さん、ようこそ」と書かれたプラカードを手に行進する参加者=オーストリア南部シュピールフェルトで2015年11月15日、坂口裕彦撮影

 西欧を目指すアフガニスタン人のアリ・バグリさん(30)一家を見失った私は14日、セルビア西部シドでの「待ち伏せ」に失敗し、クロアチアの首都ザグレブへ列車で向かった。アリさんらの行く手に先回りすべく、難民や移民のさらなる経路に位置するスロベニアやオーストリア方面を目指すことにした。

 15日午前7時半、ウィーン行きの国際列車はザグレブ駅を出発した。30分ほど走ってスロベニアとの国境に近づくと、突然、のろのろ運転になった。

 窓の外に目をやり、思わず驚きの声を上げた。シドで見たのと同じ8両編成の難民用「特別列車」が止まって…

この記事は有料記事です。

残り1461文字(全文1722文字)

坂口裕彦

1998年4月入社。山口、阪神支局を経て、2005年に政治部。首相官邸や自民、公明両党、外務、防衛、厚生労働省などを担当した。13年に外信部に移り、14年4月から現職。ウィーンを拠点に、中東欧や国際原子力機関(IAEA)などの動きをウォッチ。ウクライナ危機の現場も取材している。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです