メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漂う民〜同時進行ルポ

予想上回る速度で移動する人々(11月16日・シュピールフェルト)

スロベニア北部シェンティルの難民キャンプで、オーストリアに越境する順番を待つエマッドさん=16日、坂口裕彦撮影

 西欧を目指すアフガニスタン人のアリ・バグリさん(30)一家を探す私は15日、オーストリアとの国境近くにあるスロベニア北部シェンティルの難民キャンプを訪れた。そこで女性警察官に「明日ならキャンプ内に入れる」と告げられ、アリさんを見つけるかすかな希望と共に再び訪れることにした。

 「多い時は1日8000人が押し寄せた。人々を送り出すペースは、隣国オーストリアの事情に合わせる」

 16日朝にキャンプを訪れると、副管理責任者のビスナ・ボルコさん(50)は、双方の緊密な調整をあっさ…

坂口裕彦

1998年4月入社。山口、阪神支局を経て、2005年に政治部。首相官邸や自民、公明両党、外務、防衛、厚生労働省などを担当した。13年に外信部に移り、14年4月から現職。ウィーンを拠点に、中東欧や国際原子力機関(IAEA)などの動きをウォッチ。ウクライナ危機の現場も取材している。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. 松井知事「大阪都構想」法定協議会開催の意向 維新と公明、対立の溝埋まらず 
  5. 大阪都構想 ダブル選対応も話題 菅・松井・橋下氏が会食

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです