メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漂う民〜同時進行ルポ

ドイツから突然の電話(11月17日・オーストリア南部グラーツ)

グラーツ郊外の一時収容施設での暮らしに不安を訴えるルスタムヘル・アブドゥルハクさん=2015年11月17日、坂口裕彦撮影

 西欧を目指すアフガニスタン人のアリ・バグリさん(30)一家を見失った私は16日、スロベニア北部とオーストリア南部の難民キャンプを訪れたが、見つけることができなかった。人々は、こちらの予想を大きく上回るスピードで前進していた。私は見つけ出す確信を持てないまま、オーストリア南部グラーツの一時収容施設へ向かうことにした。

 17日午前、グラーツ中心部から車で約15分走ると、巨大なスポーツ公園が見えてきた。ドーム型の建物と…

この記事は有料記事です。

残り1264文字(全文1473文字)

坂口裕彦

1998年4月入社。山口、阪神支局を経て、2005年に政治部。首相官邸や自民、公明両党、外務、防衛、厚生労働省などを担当した。13年に外信部に移り、14年4月から現職。ウィーンを拠点に、中東欧や国際原子力機関(IAEA)などの動きをウォッチ。ウクライナ危機の現場も取材している。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 川崎中1殺害 「暴行中に殺意」リーダー格の19歳少年
  4. リュックの男ためらいなく スリランカ同時テロ現場ルポ 綿密に計画か
  5. スリランカ連続爆破テロ ISに呼応か 実行組織のハシュミ指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです