メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高知で「西原電車」計画 費用はクラウドファンディングで

 西原理恵子さんが故郷・高知で、自らのイラストを描いた路面電車を走らせるプロジェクトが1日、公表された。資金は、クラウドファンディングを使って集める予定で、その募集も同時に始まった。

     このプロジェクトは、西原さん自身がさまざまなことにチャレンジする「週刊SPA!」(扶桑社)の連載「できるかな」の企画。「とさでん交通」(高知市)が高知市内などで運行している路面電車1両を西原さんのイラストで「ラッピング」するもので、1年間の広告費648万円をクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で募る。

     出資者にはその額に応じて、直筆イラスト入りサイン色紙やイラストが描かれた電車に乗って西原さんと宴会ができる権利など、バリエーション豊かな特典がある。クラウドファンディングの締め切りは2016年2月16日。詳細は「Makuake」のサイトまで。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京五輪 終電繰り下げ 最寄り駅各社要請へ 都・組織委
    2. 海保 湘南保安署新築 「入室お断り」の部屋を独占取材
    3. 神戸製鋼不正 「かこがわフェスティバル」中止を発表
    4. 福井・中2自殺 「怒声、身震いするほど」目撃生徒証言 
    5. 九州北部豪雨 20万トン流木の処理難航 2次災害も懸念

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]