メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

南 伸坊・評『「ない仕事」の作り方』みうらじゅん・著

おもしろくってタメになる

◆『「ない仕事」の作り方』みうらじゅん・著(文藝春秋/税抜き1250円)

 おもしろくってタメになる。なあんて、まるで営業妨害をしているような陳腐な表現だと思われるかもしれませんが、この本は本当に「おもしろくってタメになる」本なんです。

 この本は「仕事術」の本として、実用的であるばかりでなく、深くものを考えさせる思想書でもある。と私は思います。しかも文章は読みやすく、おもしろく、バカバカしかったり、エロかったり、くだらなかったり、やらしかったり大サービス。

 私はみうらじゅんさんの本を、読めば読むほど尊敬してしまう。みうらさんは私より、いくつだったか、年下…

この記事は有料記事です。

残り1057文字(全文1348文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人
  2. フィギュア P・チャンさんら哀悼 デニス・テンさん死亡
  3. フィギュア デニス・テンさん殺害される ソチ五輪銅
  4. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  5. 名古屋・旧稲本楼 取り壊し 中村遊郭の面影、また姿消す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]