メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙なるほドリ

Q 選挙運動は誰でもやっていいの?

スタッフとして選挙を手伝う大学生も

A 18歳以上の人ならできます。ただし、警察官や裁判官、選挙管理委員会の職員といった特定公務員などは除きます。国籍は問わず、外国人もできます。

     選挙運動とは、特定の選挙で特定の候補者を当選させるために働きかけることです。同じ高校3年生でも、18歳になっていればできますが、17歳はできません。

     年齢は、誕生日の前日に一つ年を取ると見なします。投票日の翌日が18歳の誕生日の人は、投票日には18歳と見なされて投票はできますが、選挙期間中(公示・告示日から投票日前日まで)は18歳未満なので、選挙運動はできません。選挙運動ができる時期や方法については、公職選挙法で細かく決められています。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
    2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
    3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
    5. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです