メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の好きな場所

居心地良いとアイデア出る スタジオジブリ・プロデューサー、鈴木敏夫さんのアトリエ

「居心地の良さ」を追求したれんが屋で「定位置」に座る

 「千と千尋の神隠し」など有名なアニメ映画を数々生み出してきた「スタジオジブリ」の名物プロデューサー、鈴木敏夫さん(67)には、「居心地の良さ」にこだわったアトリエがある。通称「れんが屋」。その空間の魅力を探りに行った。

 四方八方の壁は、赤茶色の濃淡が絶妙なレンガで覆われていた。「れんが屋」という名前を裏切らない、東京都心のマンションの一室。鈴木さんは作務衣(さむえ)姿で、部屋全体を見渡せる「定位置」の長いすに座っていた。

 人が集まって、仕事の打ち合わせなど多目的に使うアトリエ。内装は鈴木さんのデザインだ。レンガを取り入…

この記事は有料記事です。

残り1238文字(全文1501文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです