メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キーパーソンインタビュー

ペッパーに感情を持たせるとは 東京大特任講師の光吉俊二さん

みつよし・しゅんじ 1965年生まれ。東京大学大学院医学系研究科音声病態分析学講座特任講師。工学博士。1988年に多摩美術大学を卒業後、彫刻家として活動。2006年に徳島大学大学院博士課程を修了=2015年12月3日、池乗有衣撮影

 ソフトバンクの人型ロボット「Pepper(ペッパー)」は、世界で初めて感情を持ったロボット。人間の感情のメカニズムを解析し、ペッパー用のデータに仕上げたのが、東京大大学院医学系研究科特任講師の光吉俊二さん(50)だ。彫刻家から転身し、空手の高段者で、冬でもタンクトップ一枚で過ごす異色の研究者。ロボットに感情を持たせるのはどういうことなのか聞いた。【生活報道部・池乗有衣、柴沼均】

 −−そもそもロボットに感情は必要なのでしょうか。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  4. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、友井に会う可能性を否定「あいつは僕の中で死にました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです