メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キーパーソンインタビュー

ペッパーに感情を持たせるとは 東京大特任講師の光吉俊二さん

みつよし・しゅんじ 1965年生まれ。東京大学大学院医学系研究科音声病態分析学講座特任講師。工学博士。1988年に多摩美術大学を卒業後、彫刻家として活動。2006年に徳島大学大学院博士課程を修了=2015年12月3日、池乗有衣撮影

 ソフトバンクの人型ロボット「Pepper(ペッパー)」は、世界で初めて感情を持ったロボット。人間の感情のメカニズムを解析し、ペッパー用のデータに仕上げたのが、東京大大学院医学系研究科特任講師の光吉俊二さん(50)だ。彫刻家から転身し、空手の高段者で、冬でもタンクトップ一枚で過ごす異色の研究者。ロボットに感情を持たせるのはどういうことなのか聞いた。【生活報道部・池乗有衣、柴沼均】

 −−そもそもロボットに感情は必要なのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り2165文字(全文2381文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです