メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

2016年の干支、戦後2回目 丙申は大変革の年?

 2016年の干支は1956年に次ぐ戦後2度目の丙申(ひのえさる)で、申年は戦後6回目となる。専門家によると、丙申は「革命」の年。さまざまな場面で時代がうねり、争いごともあるそうだ。56、68、80年……申年の来し方を振り返ると「なんとなく」そんな気がしてくるから不思議だ。【藤原章生】

 申年。まずは人を見てみよう。男優では竹脇無我さんに渡瀬恒彦さん、役所広司さんと、やや重厚ながら、お茶の間をにぎわす俳優が並ぶ。若手では大沢たかおさん、岡田准一さんとスター性が強い。女優はやや小粒な感があるが、男たちを騒がせた東てる美さんや壇蜜さんらが浮かぶ。

 干支の起源は紀元前の中国の暦で、占いの易の基本となっている。大阪府易道事業協同組合理事長の梅川泰輝…

この記事は有料記事です。

残り3431文字(全文3754文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・和光市 高齢男女が死傷、殺人容疑で捜査
  2. 12階から自転車投げ落とす 殺人未遂容疑で男逮捕
  3. ORICON NEWS “空気を読まない”コメンテーター古市憲寿、なぜ重宝? “炎上に対する無関心さ”が背景に
  4. 質問なるほドリ パーキンソン病って何? 脳の指令伝わらず震え 国内に約16万人=回答・荒木涼子
  5. 沢田研二ドタキャン 空席に不満、自身で決定「責任僕にある」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです