メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

2016年の干支、戦後2回目 丙申は大変革の年?

 2016年の干支は1956年に次ぐ戦後2度目の丙申(ひのえさる)で、申年は戦後6回目となる。専門家によると、丙申は「革命」の年。さまざまな場面で時代がうねり、争いごともあるそうだ。56、68、80年……申年の来し方を振り返ると「なんとなく」そんな気がしてくるから不思議だ。【藤原章生】

 申年。まずは人を見てみよう。男優では竹脇無我さんに渡瀬恒彦さん、役所広司さんと、やや重厚ながら、お茶の間をにぎわす俳優が並ぶ。若手では大沢たかおさん、岡田准一さんとスター性が強い。女優はやや小粒な感があるが、男たちを騒がせた東てる美さんや壇蜜さんらが浮かぶ。

 干支の起源は紀元前の中国の暦で、占いの易の基本となっている。大阪府易道事業協同組合理事長の梅川泰輝…

この記事は有料記事です。

残り3431文字(全文3754文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. おやつカンパニー ベビースターラーメンアイス29日発売
  3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  4. 流山男性刺傷 トラブルで口論「腹が立った」33歳女逮捕
  5. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]