メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真

この1年 若い世代の名乗り期待=飯沢耕太郎(写真評論家)

 今年の写真の状況をふりかえってみると、あまり強い印象が残っていないことに気がつく。それなりに面白い写真展はあったし、写真集の出版も活気づいていた。にもかかわらず、うまく焦点を結ぶことができないのが、どこかもどかしい。

 その中で、まず取り上げるべきなのは、やはりヴォルフガング・ティルマンスの日本では11年ぶりの大規模展「Your Body is Yours」(国立国際美術館)だろう。流動化しつつある現代社会の諸相を、的確に捉えたスナップ写真から、ほとんど抽象画に近い大画面の作品まで、ここ20年あまり、写真表現の最前線を切り拓(ひら)いてきた彼の力が、まったく衰えていないことを、まざまざと見せつける展示だった。

 本当なら、ドイツ人写真家ではなく、日本の写真家たちを、最初に取り上げるべきだろう。だが、蜷川実花の…

この記事は有料記事です。

残り1254文字(全文1612文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. マクドナルド福増町店 道路の真ん中に!? 味なことやる バイパス遊休地を活用 /北陸
  3. 愛媛県文書 安倍首相内容否定に中村知事「そうですか…」
  4. 財務省 森友交渉記録を国会に提出 改ざん前決裁文書も
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 一転辞意 実名抗議うけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]