メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真

この1年 若い世代の名乗り期待=飯沢耕太郎(写真評論家)

 今年の写真の状況をふりかえってみると、あまり強い印象が残っていないことに気がつく。それなりに面白い写真展はあったし、写真集の出版も活気づいていた。にもかかわらず、うまく焦点を結ぶことができないのが、どこかもどかしい。

 その中で、まず取り上げるべきなのは、やはりヴォルフガング・ティルマンスの日本では11年ぶりの大規模展「Your Body is Yours」(国立国際美術館)だろう。流動化しつつある現代社会の諸相を、的確に捉えたスナップ写真から、ほとんど抽象画に近い大画面の作品まで、ここ20年あまり、写真表現の最前線を切り拓(ひら)いてきた彼の力が、まったく衰えていないことを、まざまざと見せつける展示だった。

 本当なら、ドイツ人写真家ではなく、日本の写真家たちを、最初に取り上げるべきだろう。だが、蜷川実花の…

この記事は有料記事です。

残り1254文字(全文1612文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです