メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

スタンド沈痛、トリニータJ3降格 崖っぷちもゴール奪えず /大分

J3降格が決定し、沈痛な表情を浮かべるトリニータの選手ら

 3年でJ1からJ3へ−−。大分市の大分銀行ドームで6日、J2・J3入れ替え戦の第2戦があり、大分トリニータは押し気味に試合を進めながらFC町田ゼルビアに0−1で敗れ、J3降格が決まった。J1経験チームのJ3降格は初で、1万4217人が見守ったスタンドは重苦しい空気に包まれた。【佐野格、安部志帆子】

 J2残留へ崖っぷちの大分は開始直後、「ミスター・トリニータ」のFW高松大樹選手が相手に足を踏まれるアクシデント。痛みを押してプレーを続けた。前半30分過ぎ、DF安川有選手がペナルティーエリアで倒されてPKを獲得するも、高松選手のシュートは相手GKにはじかれた。

 大分は後半も攻撃の手を緩めずサイドから攻め込んだが、町田のカウンターに遭い、後半13分、PKで先制…

この記事は有料記事です。

残り966文字(全文1297文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 強制不妊救済法が成立 「心からおわび」320万円支給 月内に施行へ
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです