メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

震災後に貧困、学習意欲は持続 「被災地・子ども教育白書」 公益社団法人調査

 保護者の収入減などで東日本大震災後に貧困に陥っても、学習習慣が身についた子どもは比較的よく勉強し、大学進学を希望する傾向を持ち続けている−−。公益社団法人「チャンス・フォー・チルドレン」(本部・兵庫県西宮市)が11月に発表した「被災地・子ども教育白書」で、こんな傾向が浮かび上がった。専門家は、学習意欲を低下させないため支援が早急に必要だと指摘している。大震災から間もなく5年がたつ。

 被災地で子どもらの学習支援をしている同法人が2014年5〜9月に調査し、計2338世帯の保護者と中…

この記事は有料記事です。

残り1891文字(全文2134文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 自民総裁選 「モリ・カケ」反発露呈 党員票大差つかず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです