メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

震災後に貧困、学習意欲は持続 「被災地・子ども教育白書」 公益社団法人調査

 保護者の収入減などで東日本大震災後に貧困に陥っても、学習習慣が身についた子どもは比較的よく勉強し、大学進学を希望する傾向を持ち続けている−−。公益社団法人「チャンス・フォー・チルドレン」(本部・兵庫県西宮市)が11月に発表した「被災地・子ども教育白書」で、こんな傾向が浮かび上がった。専門家は、学習意欲を低下させないため支援が早急に必要だと指摘している。大震災から間もなく5年がたつ。

 被災地で子どもらの学習支援をしている同法人が2014年5〜9月に調査し、計2338世帯の保護者と中…

この記事は有料記事です。

残り1891文字(全文2134文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. サッカー日本代表 ポーランドに勝つか引き分けで突破
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田
  5. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]