メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米乱射

マリク容疑者、進学後イスラム傾倒

 【サンバーナディーノ(米カリフォルニア州)長野宏美】米サンバーナディーノで起きた銃乱射事件で、容疑者夫婦のうち妻のタシュフィーン・マリク容疑者(29)の変容に注目が集まっている。銃乱射の実行犯として女性がテロに加わるのは珍しく、事件解明の鍵を握るとみられる。

 かつては今風の女性だった−−。ロサンゼルス・タイムズ紙は、マリク容疑者の出身地、パキスタン東部パンジャブ州の親族の話を伝えた。マリク容疑者はサウジアラビアで育ったが、親族によると2007〜12年まで同州南部の大学で薬学を学んだ。進学の数年後から宗教の影響を強く受けるようになり、家族や地域の女性に良いイスラム教徒になるよう求めたという。親族は「夜になるとインターネットを通じてアラビア語で誰かと話していた」と明かした。

 AP通信もパキスタンのマリク容疑者宅の家政婦の話として、「当初はスカーフで頭を隠すだけだったが、結…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  2. 「ご説明したい」小室圭さん見解全文
  3. 皇室 小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻
  4. 指定暴力団 工藤会の収入激減 福岡県警取り締まり強化で
  5. 100円カップで150円ラテ 窃盗容疑で62歳男逮捕 常習か 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです