メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島・帰還困難区域

被ばく牛を「健康診断」

 福島県沿岸の帰還困難区域で飼育されている牛の放射線被ばくを探るため、岩手大や北里大の研究者や地元畜産農家らで組織する「原発事故被災動物と環境研究会」が6日、同県大熊町などで血液採取などの健康調査を実施した。

 同会は2012年9月以降、避難区域の牛について放射線の影響を自主的に調べている。大熊町で牛…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文369文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 火災 アパートで1人の遺体発見 東京・三鷹
  3. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 厚労省、「遺品なし」理由
  4. 辺野古移設「反対」67.6% 沖縄県民投票の世論調査
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです