メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来へのバトン

COP21 先進国・途上国の責任区分、資金援助などで対立続く 閣僚会合始まる

COP21で採択を目指す「協定」の骨格

 【パリ渡辺諒】パリで開催中の国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)は7日、閣僚級会合が始まった。全ての国が参加する地球温暖化対策の新枠組み合意に向け、各国閣僚が演説で決意を表明する一方、事務レベルで積み残された論点について妥協点を探る。

 5日までに事務レベルでまとまった合意草案には、200を超える選択肢が残る。11日の会期末に向け、ファビウス議長(フランス外相)は10日までに合意を取りまとめる意向を示し、各国に歩み寄りを呼び掛けた。

 京都議定書は先進国と途上国とを分け、先進国だけに温室効果ガス削減を義務づけた。新枠組みは、全ての国…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  2. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  3. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 虐待 乳児を真冬に20時間放置し凍傷 容疑の母逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです