メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦後70年

書道の必修化求む GHQ占領期、小学校教育から排除 書家らの請願書見つかる 大分

 終戦後のGHQ(連合国軍総司令部)による占領期に書道が「実用的でない」とみなされ、小学校教育から排除された時期があった。これに対し、大分県内の書家らが毛筆習字の必修化を当時の参院議長に訴えた請願書が、同県日出(ひじ)町の安部(あんべ)謙さん(71)宅で見つかった。請願は全国各地の書道関係者が復活を求めて起こした運動の一環で、専門家は「戦後史を検証する上で貴重な史料だ」と評価している。【西嶋正法】

 安田女子大(広島市)の信廣(のぶひろ)友江教授(書道教育学)らによると、戦時中の国民学校では書道は…

この記事は有料記事です。

残り807文字(全文1057文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  3. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです