メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外習近平氏、6月訪日の意向表明 国家主席就任後初
骨粗しょう症

発症関与の遺伝子確認…マウス実験で

 骨がもろくなる骨粗しょう症は、骨を修復する細胞の集まりが悪いと起きることをマウス実験で確かめたと、東京医科歯科大の野田政樹教授(分子薬理学)らのグループが米科学アカデミー紀要(電子版)に発表した。発症の仕組みの解明や治療薬の開発につながる可能性があるという。

東京医科歯科大グループ発表

 骨粗しょう症の人は国内に約1000万人…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです