メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

骨粗しょう症

発症関与の遺伝子確認…マウス実験で

 骨がもろくなる骨粗しょう症は、骨を修復する細胞の集まりが悪いと起きることをマウス実験で確かめたと、東京医科歯科大の野田政樹教授(分子薬理学)らのグループが米科学アカデミー紀要(電子版)に発表した。発症の仕組みの解明や治療薬の開発につながる可能性があるという。

東京医科歯科大グループ発表

 骨粗しょう症の人は国内に約1000万人…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文361文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も
  5. ORICON NEWS ウーマン村本、浪江町「なくなる」発言を謝罪 「大反省しないと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです