メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カーター元米大統領

脳がん消滅「まったく見つからない」

 【ワシントン西田進一郎】がん治療を受けていたカーター元米大統領(91)は6日、最近の検査で、脳にあったがんの一種である悪性黒色腫(メラノーマ)がすべて消え、新たながん組織も見つからなかったと発表した。自身が設立した非政府組織(NGO)「カーター・センター」を通して明らかにした。

 カーター氏は8月、肝臓がんの転移を疑って検査をしたところ、脳の4カ所に非常に小さな転移が見つかり、治療を受けていた。今後、免疫療法を続ける。

 米NBCテレビによると、カーター氏が同日、地元の南部ジョージア州の教会で「がんがまったく見つからなかった」と報告すると、拍手が起こった。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです