メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カーター元米大統領

脳がん消滅「まったく見つからない」

 【ワシントン西田進一郎】がん治療を受けていたカーター元米大統領(91)は6日、最近の検査で、脳にあったがんの一種である悪性黒色腫(メラノーマ)がすべて消え、新たながん組織も見つからなかったと発表した。自身が設立した非政府組織(NGO)「カーター・センター」を通して明らかにした。

 カーター氏は8月、肝臓がんの転移を疑って検査をしたところ、脳の4カ所に非常に小さな転移が見つかり、治療を受けていた。今後、免疫療法を続ける。

 米NBCテレビによると、カーター氏が同日、地元の南部ジョージア州の教会で「がんがまったく見つからなかった」と報告すると、拍手が起こった。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
  2. 大川小津波訴訟 遺族、2審も勝訴「事前防災に不備」
  3. 希望・民進 四分五裂 新党は不参加続出、立憲派も根強く
  4. 同性カップル パートナーに「遺産を」 45年同居、相続求め親族を提訴 大阪地裁
  5. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]