メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特定秘密保護法

会計検査院「憲法上、問題」指摘

2013年の法案提出までの会計検査院と内閣官房のやりとり

「すべてを検査とする憲法の規定上、問題」

 特定秘密保護法案の閣議決定を控えた2013年9月、法が成立すれば秘密指定書類が会計検査に提出されない恐れがあるとして、会計検査院が「すべてを検査するとしている憲法の規定上、問題」と内閣官房に指摘していたことが分かった。検査院は条文修正を求めたが、受け入れられないまま特定秘密保護法は成立。内閣官房は修正しない代わりに、施行後も従来通り会計検査に応じるよう各省庁に通達すると約束したが、法成立後2年たっても通達を出していない。【青島顕】

 毎日新聞が情報公開請求で内閣官房や検査院から入手した法案検討過程の文書で判明した。10日で施行1年…

この記事は有料記事です。

残り1404文字(全文1692文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 御大・富野由悠季が“脱ガンダム”にこだわる理由「作り手は安心したら最後」
  2. RSウイルス感染症 流行始まる 乳幼児、早めに受診を
  3. 建築士なりすまし 法不適合建築物、新たに1件判明 /神奈川
  4. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  5. 大阪都構想 総合庁舎の建設費2倍? 不足分新設と比べ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです