メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日甲子園ボウルの記憶

第70回大会を前に/下 90年代、新興勢力台頭

第58回大会(2003年)で第2クオーターにランでTDを決める立命大QB高田(中央)=望月亮一撮影

パワーの立命大/速さの法大

 毎日甲子園ボウルは1990年代に入ると、日大、関学大、京大の3校が覇権を握る時代を終え、新興勢力が台頭した。その中で一時代を築いたのが立命大と法大だ。

 立命大は87年からスポーツ選抜入試で選手を獲得し、徐々に力をつけた。第49回(94年)の初出場初優勝など過去8回出場し、3連覇を含む7回優勝。選手個々が高い運動能力と強いフィジカルを誇り、当時は「アニマルリッツ」と称された。

 同校で86年からヘッドコーチ、93年から2001年まで監督を務め、現在は日本学生アメリカンフットボ…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文1001文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  2. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  3. 記者の目 「多死社会」変わる弔いの現場 自分の死と向き合おう=山口知(大阪社会部)
  4. WEB CARTOP 欧州車にも負けない美しさ! 天才デザイナーが手がけた日本車7選
  5. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです