メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖マリア病院

県南の腎移植拠点へ 11月生体手術成功、患者の負担減に /福岡

 聖マリア病院(島弘志病院長、久留米市津福本町)が、県南地区での腎移植拠点病院を目指すことになった。11月には病院初の生体腎移植に成功しており、今月中に3人、来月には1人の移植手術を予定しているという。術後の患者のQOL(生活の質)向上にも役立つと期待されている。

 7日、島病院長らが会見して明らかにした。会見には病院長の他、執刀した谷口雅彦・移植外科診療部長、青柳武史・移植外科医長らが出席した。

 病院によると生体腎移植手術は11月12日に実施。筑後地区の50代男性が、末期の腎不全を患う20代の…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プーチン大統領がまた遅刻 日露首脳会談
  2. 大坂が4強 伊達以来、日本勢25年ぶり 全豪テニス
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. 三重県内で新たに4人のはしか感染を確認 宗教団体、HPで謝罪
  5. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです