メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・発信

長野恭紘・大分県別府市長

ながの・やすひろ 1975年別府市生まれ。日本文理大商経学部卒。衆院議員秘書を経て2003年別府市議。2期務め15年4月市長。1期目。趣味は小学校から大学まで続けた野球。地元の「地獄蒸しプリン」が好物

豊かな資源を磨くまちづくり 行政に事業性、民間に公共性を

 私が生涯をかけて取り組みたいこと、それは別府の子どもたちに「別府が世界で一番!」と胸を張り、生きていける環境をつくることだ。

 現在、地方創生が叫ばれている中、地元の歴史・伝統・産業を徹底的に掘り起こし、磨き、市民、特に子どもたちが誇りを持って生きていける環境づくりへの努力を怠ってはいけない。そうでなければ永遠に、地方創生も地域活性化も人口減少社会も克服することはできない。全ての政策はこの目標に向かって整合性をとりながら進めていく。「まちをまもり、まちをつくり、別府暮らしをアツくする」。これが私の基本的なまちに対しての考え方だ。

 別府市は、非常に地域資源に恵まれたまちである。宝の山といっても過言ではない。「何をすべきか」を考え…

この記事は有料記事です。

残り838文字(全文1183文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです