メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドローン

自主防災に 伊勢の住民組織、情報収集に活用検討 /三重

運用試験で飛ばされたドローン=伊勢市で

 伊勢市の住民組織「東大淀地区まちづくり協議会」は、津波などの災害時に小型無人機「ドローン」を活用する自主防災の検討を始めた。上空から映像を撮影して情報収集し、被災状況の確認や救助につなげたい考えだ。

 東大淀地区は海岸沿いにあり、南海トラフ地震が発生した場合には津波の被害が予測されている。同協議会は、愛知県立大の清水宣明教授らの協力でドローンの活用研究に取り組んでいる。

 搭載したカメラで撮影した映像を地上のパソコンで確認し、地図と連動させて消防や警察などと情報を共有す…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式 
  3. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです