メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輝集人

「元引きこもり」の大学生社長・小幡和輝さん /和歌山

「同世代の人たちと、もっと和歌山を元気にしたい」と話す小幡和輝さん=和歌山市で、阿部弘賢撮影

次は僕が誰かを変える 小幡和輝さん(21)

 「かつて不登校だった自分もイベントで人生が変わった。今度は誰かの人生に良い影響を与えられるイベントを作りたい」

 県立耐久高校の定時制在学時に起業した。イベント制作会社「和−なごみ」(湯浅町)社長で、今年7月に設立した学生支援団体「ソーシャル・スタディー」(同)の代表。県内で講演会などのイベントをプロデュースしたり、学生と企業をつなげるイベントを企画したりする傍ら、和歌山大で観光についても学ぶ。

 人前に出たり、集団で行動するのが苦手だったため幼稚園のころから引きこもり気味になり、小学3年生から…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. イチロー、華麗な守備は健在
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  5. クックパッドニュース 本当にむね肉!?しっとりジューシーな「蒸し鶏」がフライパンで簡単にできた!

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです