メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外強制不妊救済法が成立
政活費

議員報酬に付け替え 東京・千代田区が画策

 地方議員に経費として支給される政務活動費を巡り、東京都千代田区が、区議会(定数25)の議員1人当たり月額15万円のうち10万円を議員報酬に組み入れることを検討している。使途報告を義務づける政務活動費を縛りのない報酬に付け替えるのは極めて異例。昨年の元兵庫県議による詐取事件を境に政務活動費の透明性を高める取り組みが進む中、同区の姿勢に「改革の流れに逆行している」との批判が出ている。

 千代田区の石川雅己区長の諮問機関で、区議の待遇を検討する審議会は先月12日、現行15万円の政務活動…

この記事は有料記事です。

残り1343文字(全文1585文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです