メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

晩さん会 大村さん・梶田さん、「和」の祝宴堪能 「おいしい料理」「全然飽きない」

 【ストックホルム藤野基文】ノーベル賞の受賞者を祝福する晩さん会が10日(日本時間11日未明)、ストックホルム市庁舎の「青の広間」で開かれた。授賞式を終えた大村智・北里大特別栄誉教授(80)と梶田隆章・東京大宇宙線研究所長(56)が出席し、王族らが列席する華やかな祝宴を楽しんだ。

 晩さん会にはえんび服やドレス姿の正装した1350人が参加。ファンファーレが鳴り響くと、明るいクリーム色の着物を着た梶田さんの妻美智子さん(57)と、スウェーデンのカール16世グスタフ国王を先頭に受賞者が入場し、中央に設置された席に着席した。

 晩さん会のメニューは、桜の花びらの形をあしらったデザートなど、盛りつけに日本の美を取り入れたコース…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1071文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです