メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知りたいTPP

砂糖、保護策ほぼ維持 チョコは非関税枠を新設

 原料としてさまざまな食品に使われる砂糖。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)では農産物重要5項目の一つに位置付けられ、現状制度をほぼ維持することでまとまった。チョコレート菓子などの一部加工品の輸入が緩和されるが、政府は新たな保護策で影響を抑える方針だ。

 一般の砂糖(精製糖)の原料となる糖度が低い粗糖には現在も関税はかかっていない。ただ「糖価調整制度」という仕組みに基づき、粗糖を輸入する精製糖会社は輸入1キロ当たり約40円の調整金を徴収され、国内生産者に配る交付金の財源に充てられる。砂糖の内外価格差は3倍以上にも上るとされており、価格のバランスを図るのが…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文703文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです