メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

温暖化でも「ドカ雪」 厳冬期、局地的に

西高東低の冬型の典型的な天気図。この日は日本海側だけでなく、雪雲が流入した太平洋側の平野部でも雪になった=気象庁提供

 地球温暖化が叫ばれる一方で、日本では毎冬、大雪による被害が後を絶たない。温暖化と冬の寒さや降雪の関係は、どうなっているのだろう。

 昨年、40年ぶりに大雪による災害対策本部を設置した秋田県。雪害による死傷者数は2010年度から3年連続で200人を超え、13〜14年の大雪では果樹を中心に約18億円の農作物被害が出た。県の雪害対策の担当者は「近年、局地的で急激な積雪が増えた印象がある」と語る。

 日本は「豪雪地帯」の指定面積が国土の約半分を占め、範囲は北海道から山陰までの計24道府県532市町…

この記事は有料記事です。

残り1230文字(全文1476文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  3. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  4. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  5. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]