メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問中に「同性愛は異常」後で「つぶやきだ」

岐阜県議の藤墳守氏=道永竜命撮影

 岐阜県職員が短文投稿サイト「ツイッター」に同性愛者などを中傷する不適切な書き込みをしていた問題で、自民党の藤墳(ふじつか)守県議(74)が10日、この問題の質疑があった県議会一般質問中に「同性愛は異常だ」とやじを飛ばした。藤墳県議は議会後、報道陣に「やじではない。私人としてつぶやいただけ」と話し、発言は撤回しないとしている。

     この日の一般質問では、県職員の問題について別の県議が県の見解をただした。古田肇知事は「公務員の立場上、差別的内容や他者を誹謗(ひぼう)中傷する内容を発信したり、不快な思いをさせたりする低劣な表現を使用することは不適切」と答弁。質疑を終えた直後に、藤墳県議が自席で発言した。

     藤墳県議は自民党県連政調会長で当選6回。2011年〜12年に県議会議長を務めた。藤墳氏は取材に「差別的な意識はなく、誰かを中傷するものではない。同性愛を社会全体が認めて拡大すれば人口減少につながるとの思いから発言した」と説明した。

     県議会最大会派で藤墳県議が所属する「県政自民クラブ」の岩井豊太郎・議員会長(71)は「社会的関心の高い問題。もっと慎重にすべきだった。本人から真意を聞いた上で対応を協議したい」と話した。【岡正勝】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自動ブレーキ ベビーカーに装着 中学生の発明が特許
    2. 人気抱っこひも 「エルゴベビー」偽造品対策の新技術導入
    3. 英党首選 ジョンソン氏能力不足…ゴーブ氏、盟友切り捨て
    4. 米国 自動運転で初の死亡事故…テスラ、当局が機能調査
    5. ベビーカー事故 鉄道各社、対策苦慮 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]