メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来へのバトン

COP21 日本、どこにいるの? 会議終盤、存在感の薄さ際立つ

 【パリ渡辺諒、坂井隆之】国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)は12日、会期を延長し、テーマごとの小グループに分かれて集中的に議論した。フランス外相のファビウス議長は12日朝(日本時間同夕)にも合意文書を各国に提示する方針だが、会議終盤になっても日本政府の存在感の薄さが際立っている。

 「日本が見えない。経済大国なのに会議で何を主張して、何をしようとしているのか分からない」。ニュージ…

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文809文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです