メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にゅーす360度

紙面審査委員会から 輸出が農業を救う?

 <こういう視点も>

 農林水産省が8日、今年1〜10月の農林水産物の輸出額が前年同期比23・2%増の6029億円に上ったと発表しました。新聞各紙は9日朝刊で、年間では昨年の6117億円を上回って過去最高になることが確実だと報じました。

 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の大筋合意を受け、政府は11月25日に国内対策をまとめましたが、農産物輸出の拡大も柱の一つになっています。TPPで農産物の輸入が増えても、一方で輸出を増やせば国内農業を維持でき「成長産業」に変えることも可能というわけです。対策では「2020年までに輸出額1兆円」という政府目標の前倒しも打ち出されました。

 この間のメディアの報道ぶりは、政府の方針に対し課題を指摘しつつも、おおむね肯定的です。近年の農産物…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文866文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. ご当地グルメ 鹿児島・あご肉 癖になる独特の食感
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです