メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「同性愛異常」やじ

自民岐阜県議「深くおわび」役職辞任

 岐阜県議会本会議で「同性愛は異常」とやじを飛ばした自民党の藤墳(ふじつか)守県議(74)は11日、記者会見し、「発言を撤回する。深くおわび申し上げる」と謝罪した。

     藤墳県議は10日の本会議での発言の後、「同性愛を社会全体が認めて拡大すれば人口減少につながる」と説明。「発言は撤回しない」としていた。しかし会見では「昨夜、他の人から言われ、(同性愛者らを)傷つけてしまったかもしれないと気付いた」と述べた。

     また、藤墳県議は11日、所属する県政自民クラブに、党県連政調会長と県議会政治倫理審査会委員長を辞職する意向を文書で提出し、議長経験者で構成する「幹部会」で了承された。【岡正勝】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
    2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
    3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
    4. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入
    5. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです