メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原爆文学研究会

「怒り、創作の力に」 福岡で国際会議、台湾の作家講演 /広島

原爆文学研究会で講演するシャマン・ラポガンさん=福岡市早良区の九州大西新プラザで、高橋咲子撮影

 原爆をテーマにした文学や視覚表現などを幅広く研究する「原爆文学研究会」の初の国際会議「核・原爆と表象/文学」が12日、福岡市の九州大学西新プラザで始まった。初日は台湾・蘭嶼島に住む先住民の作家で、反核運動に携わっているシャマン・ラポガンさんの講演などがあった。

 同研究会は2001年に九州大の故花田俊典教授の呼びかけで発足した。国際会議では、川口隆行…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉並のアパートで女性刺傷 搬送後に死亡、男が逃走か
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  4. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  5. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです