メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

=東京都千代田区で、望月亮一撮影

 東京は割合あたたかな初冬のためか、それとも日々の慌ただしさに気をとられているせいか、12月、1年の終わり、という実感のない師走です。

 空気がぐんぐん冷えていく、その中で新しい年を迎える。寒さは緊張をもたらしますから、どうもしゃんとしないのですね。

 雑誌の「毎日が発見」には、インターネット上に「毎日が発見ネット」があって、その中で、私は「七十二候だより」を連載しています。節分のあと、「立春」に始まる二十四節気はご存じでしょうか。太陽の高さが最も低くなる冬至と、最も高くなる夏至を一つの軸に、その間の春分と秋分をもう一つの軸にして、1年間を24等分に区切った、言わば“もう一つの暦”。1年間を約15日間ずつに区切って、暮らしの目安となる季節感を表しています。

 七十二候は、この二十四節気の、それぞれの節気をさらに3等分(初候(しょこう)・次候(じこう)・末候…

この記事は有料記事です。

残り1004文字(全文1384文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」
  3. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  4. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです