メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

軽減税率

「酒類、外食」除き、自公合意

軽減税率で合意し、記者会見する自民党の谷垣禎一幹事長(左)と公明党の井上義久幹事長(右)=東京都千代田区で2015年12月12日午後5時47分、喜屋武真之介撮影

 自民党の谷垣禎一、公明党の井上義久両幹事長は12日、2017年4月の消費増税と同時に導入する軽減税率の対象を食料品(酒類、外食を除く)とすることで正式合意した。必要な財源は1兆円規模。合意内容を来週決定する16年度与党税制改正大綱に盛り込む。

 消費税率が10%に引き上げられた後も、コメや魚などの生…

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文300文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  2. 「諦めない」若者も抗議の声 土砂投入一夜明け
  3. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  4. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  5. 仏大統領「譲歩」後、初のデモ 事態収束は不透明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです