メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おおさか維新

新代表に松井氏 橋下氏は法律政策顧問へ

おおさか維新の会の党大会で新代表に選ばれ、一礼する松井一郎氏(右)。左は橋下徹氏=大阪市中央区で2015年12月12日午後4時17分、三浦博之撮影

 おおさか維新の会は12日、大阪市で臨時党大会を開き、橋下徹代表(大阪市長)の引退を了承し、後任に松井一郎幹事長(大阪府知事)を選出した。国会議員トップの共同代表には、片山虎之助元総務相が就任することが決まった。橋下氏は党の「法律政策顧問」として引き続き政策立案に関わる方向だ。

     橋下氏は大会で「今19人の国会議員がこのスピードなら5年後、衆院で過半数を確保できる」と述べた。18日の市長任期の満了に合わせて政界引退する意向だ。同党にとっては、来夏の参院選に向けた党勢拡大が課題となる。

     松井氏は大会後の記者会見で「憲法は改正しなければならない。憲法改正(発議)に必要な3分の2の勢力の中に入る」と述べ、安倍晋三首相が意欲を示す憲法改正に協力する考えを示した。幹事長には馬場伸幸衆院議員、政調会長に浅田均大阪府議、総務会長に東徹参院議員がそれぞれ就任する。

     また、橋下氏が代表を務める地域政党「大阪維新の会」も12日、全体会議を開き、代表に松井氏、幹事長に今井豊府議、政調会長に大阪市長となる吉村洋文(ひろふみ)前衆院議員、総務会長に岩木均府議が就任する人事を承認した。【松井聡】

     【略歴】松井 一郎氏(まつい・いちろう)福岡工大卒。大阪府議、日本維新の会幹事長、維新の党幹事長。51歳。大阪府知事当選2回。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
    3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
    4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
    5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです