メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京湾で110年ぶり発見

約110年ぶりに国内で発見された「ドフラインイソギンチャク」=千葉県提供

 1904年に採集されて以降、国内で確認されていなかった「ドフラインイソギンチャク」が約110年ぶりに東京湾で発見された。千葉県立中央博物館の柳研介主任上席研究員(44)らのグループが12日発行の日本動物分類学会国際学術誌に発表した。来年1月11日まで標本を県立中央博物館分館・海の博物館(同県勝浦市)で展示している。

 深海に生息するドフラインイソギンチャクは1904年、三浦半島城ケ島沖で、ドイツ人研究者、フランツ・ドフラインが採集し、4年後に新種として発表した。柳研究員は、定期的にウニやナマコなどの海洋生物調査をしているグループの一人から、2012年10月24日に同県鋸南町の無人島・浮島沖の水深100〜200メートルで採集したイソギンチャクが似ていると連絡を受けて調査。ドイツのミュンヘン動物学博物館に所蔵されている初採集されたドフラインイソギンチャクの標本と隔膜の配列など体の作りを比較したほか、毒が入っている部分(刺胞)のデータなどで同種と確認した。

 01年には米国人研究者がニューカレドニアやパラオ深海で再発見している。しかし国内では、標本が第二次世界大戦の戦禍を免れるためミュンヘンの博物館から疎開させられ、長い間、所在不明になっていたことや、似ている別のイソギンチャクと混同されていたことで、未発見になっていたという。

 今回の発見について、柳研究員は「過去のイソギンチャクの資料が整理される。今後の新種の発見にもつなげていきたい」と話している。【岡崎大輔】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイドル刺傷 母、京都府警に電話…「執拗に嫌がらせ」
  2. 東京・小金井のアイドル刺傷 「ファン」一方的に好意 書き込み、攻撃性が激化
  3. マラソン 猫ひろし、リオ五輪へ カンボジア代表で
  4. 陸自 実弾で演習、隊員けが…計画では空包使用 北海道
  5. 租税回避地 ケイマンに投資残高急増 日本から74兆円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]