メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夫婦別姓

名前で苦労…私は「塚本協子」の名前で死にたい

 夫婦別姓を認めない民法の規定が違憲かどうかを巡る訴訟で、最高裁大法廷は16日に判決を下す。東京地裁への提訴(2011年2月)から4年10カ月。若い頃から家父長制度に疑問を抱き、原告団に加わった富山市の元高校教員、塚本協子さん(80)は「どうしても『塚本協子』の名前で死にたい。別姓を認めてほしい」と、判決の日を待っている。【青山郁子】

 塚本さんは生後2カ月で父親が死亡。シングルマザーとなった母親は、塚本さんと姉の姉妹を抱え、義理の両…

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1065文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  4. ORICON NEWS Janne Da Arc解散にyasuが心境 現在もリハビリ「焦らずやらせてください」
  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです