メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

この1年 伝わった反戦決意

 戦後70年。太平洋戦争を題材にした多くの劇映画、ドキュメンタリーが公開された。中でも、1960年生まれの塚本晋也監督による「野火」は強烈だった。大岡昇平の戦争文学の映画化だ。製作費集めは難航したものの、秘密保護法、安保法と右傾化への危機感から「今作らねば」との思いで自主製作。脚本、監督、主演、撮影、編集を兼ね、配給、宣伝まで自ら奔走した。多くの観客を集め、反戦への決意は伝わったと思いたい。

 荒井晴彦監督の「この国の空」、原田真人監督の「日本のいちばん長い日」は、戦後生まれの2人が、日本人…

この記事は有料記事です。

残り1125文字(全文1372文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー 柴崎岳選手が女優の真野恵里菜さんと結婚
  2. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  3. クックパッドニュース [裏ワザ]「袋入り味噌」を今すぐきれいに容器に移す方法
  4. プラスチック危機 つながる海、牙むくゴミ(その1) クジラの体内から29キロ
  5. 風知草 学べば朽ちず=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]