メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

この1年 伝わった反戦決意

 戦後70年。太平洋戦争を題材にした多くの劇映画、ドキュメンタリーが公開された。中でも、1960年生まれの塚本晋也監督による「野火」は強烈だった。大岡昇平の戦争文学の映画化だ。製作費集めは難航したものの、秘密保護法、安保法と右傾化への危機感から「今作らねば」との思いで自主製作。脚本、監督、主演、撮影、編集を兼ね、配給、宣伝まで自ら奔走した。多くの観客を集め、反戦への決意は伝わったと思いたい。

 荒井晴彦監督の「この国の空」、原田真人監督の「日本のいちばん長い日」は、戦後生まれの2人が、日本人…

この記事は有料記事です。

残り1125文字(全文1372文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川・茅ケ崎 90歳運転、6人はねる 女性1人死亡
  2. SNS 性的画像「恋人なら共有」20代1割 注意喚起
  3. 参院予算委 首相、昭恵氏の影響否定 集中審議
  4. 参院予算委 首相、ヤジに気色ばむ 「関与なし」繰り返す
  5. リベンジポルノ 防止法2年 後絶たぬ 支援団体「拡散前相談を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]