メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハーバード大学の学生(右)と討論対決する受刑者(左)=米ニューヨーク州の刑務所で9月、BPI提供、ピーター・フォーリー氏撮影

受刑者がハーバードを論破

 9月に米ニューヨーク州の刑務所で行われた討論対決で、男性受刑者3人がハーバード大学のチームを破り、大きな反響を呼んだ。3人は凶悪犯罪で服役中だが、受刑者向け大学教育プログラム「バード・プリズン・イニシアチブ」(BPI、本部・ニューヨーク)で学位取得を目指して学んでいる。卒業生の再犯率は低く、更生に効果があるという。多すぎる刑務所人口は全米で深刻な問題となっており、大学教育の提供は負のサイクルを断ち切る切り札として注目されている。

 警備が最も厳重なニューヨーク東部の刑務所。緑色の囚人服を着た受刑者約100人が見つめる中、ハーバー…

この記事は有料記事です。

残り2616文字(全文2895文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. くらしナビ・学ぶ @大学 「中根」の目・データが語る 女子の医学部合格者比率が高い1位 島根大
  5. 高速道の落とし物 年間36万件 接触したらどう対処?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです