メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来へのバトン

COP21 「脱炭素」へ、2020年新枠組み 危機回避への一歩 科学環境部長・長尾真輔

 「一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ」。人類で初めて月面に降り立った米アポロ11号のニール・アームストロング船長が口にした名ぜりふから46年。地球温暖化を防ぐため、初めて全世界が参加したパリ協定も人類にとっては、船長の刻んだ歩みと同様、極めて歴史的な第一歩と言えるだろう。

 産業革命で始まった石炭や石油などの化石燃料をもとに大量生産する社会は、二酸化炭素などの温室効果ガス…

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1051文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです