メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT配慮の学生寮 性別不問のフロア初設置

国際基督教大学のキャンパスに新築されるLGBTの学生に配慮した学生寮(完成予想図)

 国際基督教大学(ICU・東京都三鷹市)は、性同一性障害などの性的少数者(LGBT)に配慮した学生寮を新築する。男女区別なく入居でき、共同浴場のほかに個室のシャワーブースを備える。今月着工し、2017年4月にオープン予定だ。

 同大は03年度にトランスジェンダー(性同一性障害を含む体と心の性が一致しない人)の学生に学籍簿上の名前と性別の変更を初めて認めるなど、LGBTへの対応をいち早く進めてきた。04年度には学内にジェンダー研究センターを設置し、対応を強化。定期健康診断を個別に受診できるようにするなどしている。設備面では、男女の別がない多目的トイレを設置し、個別に利用できる更衣室を常設にした。

 キャンパス内にある学生寮は現行で9寮。このうち、01年度に完成した国際寮「グローバルハウス」で初めて男女が同じ寮で生活するのが一般的な欧米方式を採用。これ以降に建てられた4寮は男女とも入居可能にし、同じ棟をフロアごとに男女別にしている。そのほかは、1寮が男子寮、3寮が女子寮、1寮が大学院生対象の夫婦寮だ。

 今回新築する2棟(7階建てと5階建て)ではさらに、上層階に性別を問わないフロアを初めて設置する。LGBTの該当者だけでなく、希望する学生を受け入れる。また大浴場での入浴を避けたい学生のため、各フロアに個室のシャワーブースも設置する。新寮は建築家の隈研吾氏と日本設計が監修した。

 日比谷潤子学長は「同性カップルに公的書類を発行する自治体が増えるなど、今後、LGBTへの対応がますます求められる。学内のジェンダーフリーをさらに推進していきたい」と話している。【上杉恵子】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原殺傷 当直職員、集音マイクで異変察知 居室で物音
  2. 相模原の障害者施設殺傷 被害者氏名、県警公表せず 「プライバシー保護」 「忘れられる恐れも」
  3. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川
  4. ポケモンGO 西本願寺が一転、プレーヤー歓迎の看板
  5. 夫婦げんか 高速道に夫を置き去り 北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]